3月に入り随分暖かい日が増えてきました。

冬の間はほとんどドライブに出かける事がなかったですし、今やランエボ10も自宅から少し歩いたところに青空駐車となってしまっていますので、普段偉そうな事を書いているくせに11月の手洗い洗車を最後に12月~2月の4か月間は月に1度、洗車機にぶっ込んでいました。

やはり、夏の暑さはまだ耐えられますが冬の寒い時に手洗い洗車はやる気が起きません。(多分これが普通の人の感覚ではないでしょうか?)

そもそもドライブにも行かないし、まぁ良いか…と。

スポンサーリンク

お陰でかなり酷いことになってしまいました。(裏が畑の砂利駐車場に青空駐車です)

3月に入り大分暖かくなってきたので、今回は重い腰を上げてネットではかなり評判の良いワコーズの「バリアスコート」を試してみることにしました。

バリアスコートはかなり人気がある

バリアスコートはみんカラや個人ブログ、Amazonのレビューなどのネットでの口コミによって相乗的に知名度が上がってかなり人気が出ているガラス繊維系のポリマーコーティング剤です。

ワコーズ VAC バリアスコート

Amazonの評価を見てもらえば分かる通り、2017年3月20日現在では422件の評価件数で5点満点中の4.5点となっていましすし、ベストセラーにもなっている為、かなり人気がある事が分かります。

コーティング剤の効果は数値で示すことが出来ない為、このような口コミで拡散されることが多いようです。

これらの口コミは実際に使用した人の評価なので、購入を検討している人にとっては非常に参考になります。

ただし、その反面で評価自体が個人の主観に頼る事となり、しかも評価する側が今までコーティング剤の類を使用した事がないケース、様々なもの使用して来てそれらと比較したケースがありますので、実際に使用してみて満足できるかどうかは分かりません。

もちろん、これから私が説明する内容に関しても同様で、私が使用してきた物との感覚に基いた主観による比較となります。

今まで試してみたコーティング剤やワックス

2013年にランエボ10を購入してから、試してみたコーティング剤は以下の通りとなります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、自分の生活スタイルを考えると「ピカピカレインプレミアム」が最も適していたと感じています。

2016年の9月までは「ピカピカレインプレミアム」の施工後にメンテナンス剤を使用し続けていたのですが、不満と言うよりも飽きてしまったでそれ以降は別のものを試してみる事にしています。

スポンサーリンク

バリアスコートの特徴

バリアスコートはガラス繊維を含んだポリマー系コーティング剤で、大雑把に一括りにすると「ガラス系」に分類されてしまいがちです。

ところが、ガラス系にはボディに強固な皮膜を形成して数年単位で紫外線や小傷から守る「ガラス硬化系」と、バリアスコートのような「ガラス繊維系」があり、これらはユーザーに混同して語られがちです。

効果別に分かりやすく分類すると、強固なガラス皮膜を形成する「ガラス硬化系」は独立した括りとなり、「ガラス繊維系」はその他のポリマー系となる筈です。

ガラスコーティングがコーティング業界のトレンドになっている為、メーカーは強固なガラス皮膜を形成しない「ガラス繊維系」をもガラス系と一括りに表現しています。

※ガラス硬化系、完全に密閉されたガラス容器に入って販売されています。

バリアスコートは強固なガラスの皮膜を形成するものではない

バリアスコートにも「ガラス系」と書かれていますが、これはガラス質の皮膜を形成するタイプではありません。

艶に関しては「ガラス繊維系」も「ガラス硬化系」も配合された油脂成分などによって引き出される事が多く、「ガラス硬化系」についてはメンテナンス剤がその役割を担っている事が多いと感じます。

ですから、物理的にボディを小傷から保護するのには向いておらず、簡単な施工で艶を出す事に主たる目的が置かれた製品であると言えるでしょう。

施工が簡単なのは文句なしレベル

実際にバリアスコートを使用してみると分かるのですが、施工がかなり簡単で洗車して水分を拭き取た後に本体のスプレーを吹いて、付属のクロスで拭き取るだけです。

スプレーを吹いた直後は少しムース状に泡立ちますが、すぐにサラサラの液体に変わります。

コーティング剤を塗布していて注意しなければならないのは、ウィンドウなどへの薬剤の飛び散りで、フロントガラスなどに飛び散ってそのままにしておくと、ポツポツと点のようにシミが残ってワイパーの拭き取りが悪くなるだけでなく、ゴムも痛めます。

その点、バリアスコートは噴射した前方だけに吹き付けられますので、余程風が強い日でなければあまり気を遣わずに塗布することが可能です。

手軽に塗布出来るのは良いが、評判ほどの艶は得られなかった

バリアスコートはネットではかなり評判が良いコーティング剤ですが、艶に関しては私が期待していたような効果は得られませんでした。

まあ、綺麗は綺麗なのですが艶はあまり出ていない感じです。

いつも写真だと違いが分からないのですが…というより全てが感覚の問題ではあるのですが、サラッとし過ぎていると言えば良いでしょうか、ピカピカのツヤツヤになったと言う感覚は全然ありませんでした。

今まで試して来たものの中では一番艶が出ていないという印象ですので、まだ薬剤は残っていますがおそらく今後はもう使用しないと思います…という表現が一番伝わりやすいかなーと思います。

施工が簡単で価格も他の物に比べると安いので、初めてコーティング剤を使用する人であれば満足出来るかも知れません。

ガラス硬化系ではないですし、洗車が楽になるものでもないのでネットで言われている評判とは程遠いと感じました。

》》》ピカピカレインプレミアムの評価、レビュー

スポンサーリンク